スノーボードの注意点について

ウィンタースポーツの1つであるスノーボードを楽しむ スノーボードをこれから始めようと考えている方もいると思いますが、ちゃんと安全対策をしていないと思わぬ怪我をしてしまい、学業や仕事に影響を及ぼしてしまう可能性もあります。特に仕事に悪影響が出ると、生活もままならない状況に陥ってしまうことも考えられます。そんな大げさなと思われるかもしれませんが、実際に不注意や無謀な滑りで骨折をしてしまい、仕事が出来なくなってしまった人もいます。安全に気を配りながら楽しむようにしましょう。スノーボードで危険なのが、スキーよりも後頭部から転倒しやすいということです。逆エッジといわれるミスをすると、後頭部から転倒する可能性が非常に高く、場合によっては脳震盪を起こしてしまいます。日本ではヘルメットを被る習慣がまだまだ根付いていませんが、必ず着用するようにしましょう。

ファッション的にヘルメットは被りたくないと考えている人も多いですが、後から後悔しても手遅れなのです。最低でも、ニット帽の下に専用の衝撃を緩和するサポーターを着用するようにしましょう。また、滑る際はなるべく腰を落として重心を低くして滑ると、転倒した際の衝撃をやわらげることが出来ますので、棒立ちで滑るのは初心者はやめるようにしましょう。

Copyright (C)2017ウィンタースポーツの1つであるスノーボードを楽しむ.All rights reserved.