安全に楽しむためのスノーボードでの転び方

ウィンタースポーツの1つであるスノーボードを楽しむ 下半身や体重移動を意識するスポーツでもあるスノーボードは、初めての方の場合には基礎となる練習を行う必要があり、スノーボードのレッスンが受けられるスクールに足を運ぶのもオススメですし、スキー場にも短時間レッスンを指導するスタッフが在籍している場合も多く、こけ方・止まり方・リフトの乗り降りなど、初心者がマスターしたいスノーボードの基礎を分かりやすく教えてくれます。ですが、1人でコツコツと練習したい方も増えていて、1人で練習を行う場合に心配なのがスピードが出過ぎてしまうことにもあります。初心者ではスピードをコントロールするのが難しく、恐怖感でなかなか滑る練習ができない方も沢山いらっしゃいます。

スノーボード初心者の場合にはコントロールを身に付けるのではなく、転び方をマスターすることでスピードが出過ぎても人にぶつかりそうになるシーンでも、危険を回避することができる防衛法になっています。転ぶ際のポイントとしては、身体と斜面との引っかかりを無くすことを意識します。身体の前面から転ぶ場合、肘から先は曲げて斜面に当たらないようにし、膝も曲げてボードが斜面につかないように持ち上げることを意識します。初心者の場合にはスピードを抑えようと、慌てて雪やボードに腕を引っ掛けますが、強い力が掛かってしまい逆に危険になるので、ウェアとの摩擦で勝手に止まるのを待つことも大切なポイントで、楽しくスノーボードを体験できる方法の1つです。

Copyright (C)2017ウィンタースポーツの1つであるスノーボードを楽しむ.All rights reserved.